お店やサービスをみつけるポータルサイト

彩行政書士事務所

> > 示談書 川崎市中原区の彩行政書士事務所

示談書 川崎市中原区の彩行政書士事務所

商品・サービス紹介

示談で解決。示談書で保管。

当事者の話し合いで解決するのが示談です

トラブルは起こさないに越したことはありませんが、起きてしまったことは仕方がありません。誠意をもって話し合い、加害者が謝罪し、お互いに歩み寄り、賠償額・支払方法などを決めて、納得したところで、示談書を作成します。示談は人に迷惑を掛けない立派な解決方法です。


示談書を作るのは

お互いに納得して「しこり」も残らなければ、示談書など作成せずに「口約束」でよいのですが、後から「やっぱり勘違いだった」、「やっぱり悔しい」ということになっては困ります。謝罪したり慰謝料を支払ったりしたのに、後日、そのようなことが起こるかもしれないのでは安心できません。

そこで、どのような内容で納得したのかを記録しておくのが示談書です。これはまた合意契約書でもあります。「このように決着したからもう蒸し返さない」という約束です。示談書があれば、加害者も「もう示談で解決しているから、被害者側は何も請求する権利がない。」と反論できます。


示談書の作り方

示談が成立したことを知っている証人がいるとか、示談を録音しても、それを後日確認するのは労力がかかります。書面にするのが普通でしょう。

示談が成立してからでもよいし、示談のときから行政書士が立ち会っていてもよいですが、示談の条件などを書き忘れたりすると困りますから、行政書士が書面の作成をお引き受けします。たいていは加害者側が、示談書作成の費用を負担しているようです。それも誠意の表現のひとつでしょう。

示談書の内容

示談の条件を書けばよいわけですが、
  自分の非を理解し
  誠意を尽くして謝罪し
  慰謝料を支払ったから
  問題は解決し
  この件につて、もう貸しも借りも(債権も債務も)ありません。
というような内容を漏れのないように記載するのは注意が必要です。そのときは気づかなくても、後で別の観点からみるとおかしいことがあるからです。


示談書の内容を守らないなら

示談書に慰謝料の分割払いなどを規定してることがあります。それなのに支払いが遅れたり、何か月分も支払いが滞ったりたりということがあります。それなら弁済方法を変更して支払ってもらうことも考えられますが、相手が支払う気がない場合もあります。
示談書の内容を守らず、誠意もないとなれば、法的措置をとりますが、初めの示談書作成のときから公正証書にしておけば、訴訟などなしに差押えができることもあります。


公正証書の作り方

公正証書は公証人が、公証役場という役所で作成します。公証役場へ行く前段階として、行政書士がが起案原稿を作り、公証人と打合せをしておきますからスムーズに手続が済むでしょう。公証人に支払う料金は複雑なので公証人に確認が必要です。

最終的に公証人が作るなら、初めから公証役場へ行った方が費用が少なくて済むのではないかという考えもあります。それも一理ありますが、行政書士も無駄に報酬をいただくわけではありません。それぞれの役割があります。


当事者双方が公証役場へ

公証役場へ当事者双方が出向くのが一般的ですが、怪我や病気などで動けないときや一方が遠方にいる場合など、公証人に指定の場所に来てもらうこともできますし、行政書士に委任状を渡して、行政書士が代理人として公証役場へ行くこともできます。


警察や検察庁へ提出する示談書

酔って喧嘩などをして警察のお世話になるとか、さらに検察庁まで送られることもあります。
逮捕された人が被疑者で、被疑者を起訴するか不起訴にするかの権限は検察官にあります。起訴が可能でも被害者から示談書が提出されているなどして、和解していることがわかる場合は、重い罪に該当するようなものでなければ、起訴猶予となることが多いようです。この示談書を上申書などとして提出できるよう作成もします。

メニュー・スペック

以下の書類や類似の書類の作成

なお、かっこ内の説明は、およその目安としてください。

 示談書(当事者同士での和解事項をまとめたもの)
 合意書(当事者間で同じ考えであることを書面にして、双方で保管する)
 念書(後日の証拠として、念のために作成するもの)
 誓約書(加害者が謝罪をする。加害者へ渡すだけ)
 上申書(官公署に任意に提出する文書)

カテゴリー ビジネス > 士業 > 行政書士
対象 法人、個人を問いません。
サービス地域 川崎市中原区、高津区、幸区、世田谷区、横浜市港北区、東京都大田区、世田谷区など。
東横線・南武線をご利用の方には特に便利です。
価格 報酬は3万円が基本ですが、事案によって増減があります。実費(必要経費)・税は別途。
所在地 神奈川県川崎市中原区井田三舞町6−1
連絡先電話番号 044-751-1088
担当部署 行政書士 鈴木
アクセス 事務所は東横線元住吉駅。面談場所は元住吉駅・武蔵小杉駅から3〜4分。
サービスURL https://www.ssaaii.com/

お問い合わせ

お問い合わせ

その他の商品・サービス

会員情報

会社名
彩行政書士事務所
所在地
神奈川県川崎市中原区井田三舞町6−1
ホームページ
http://ssaaii.com/ 

Bizloopサーチガイド

同じカテゴリーの登録情報